チエコその1 チエコという女


過去の恋愛に関する記事も少しずつ更新していきましょうか。

これからお話しするのは僕の高校時代の思い出のひとコマです。



僕の高校生活はそれなりに恋愛模様に彩られたものでありました。

サチコレイコをはじめ幾人との女性との思い出があるのですが、その中にひとり異彩を放つ存在があります。



彼女の名はチエコ(仮名)。


高校時代のクラスメートですが、彼女を一言で形容するならば「クールビューティー」という表現が一番シックリくるかもしれません。



厳密には僕とチエコは恋愛関係にあったわけではありません。

僕がチエコに惚れていたわけでもなく、もちろんチエコが僕に想いを寄せていたわけでもないのです。



それゆえ、これから数回にわたって書き記すであろうチエコの記事を「過去の恋愛」というカテゴリーに分類するのは些か的外れなのですが、彼女の存在は高校時代から20年以上を経た今でもなお、僕の心の片隅に焼き付いています。


チエコはそれほどまでに印象深い女性だったのです。



チエコはキリッとした顔立ちの美人でした。

切れ長の目に黒髪のショートヘア、そして口元に浮かぶ幾分皮肉めいた笑み・・・。


チエコという女



それに加えて彼女は、何というか・・・少々大仰な言い回しを用いるならば、孤高の女性でもありました。


集団よりもひとりを好み、他の女子グループがワイワイキャピキャピはしゃいでいるのとは明らかに対照的なそのスタンスは、前述の美貌と相まって彼女のクールさを際立たせる最たる要因でもありました。



生活の大半を学校というある種の閉鎖空間で過ごす少年期は、自然と気の合う仲間同士でグループを形成するのが自然です。

ましてや女子生徒ともなると、トイレに行く時も、移動教室の時も、昼食時間も、常に誰かしらと行動を共にする傾向にあります。

別の言い方をすれば、女子は良かれ悪しかれグループという足枷に縛られたまま学校生活を送るということでもあります。



そんな中で、チエコひとりは従来の慣習などどこ吹く風といった感じで、周りとは一線を画す自身のスタンスを貫いていました。


ちなみに彼女は周りからノケモノにされていたとか、いじめられていたという事ではありません。
 
それなりに気の合う友人もいたようですし、文化祭などの学校行事にも積極的に参加していました。

まあ早い話が、集団に染まる事も出来るが基本的には単独行動を好む女性ということです。



今でこそ女性のひとり飯や一人旅などは何ら珍しくもない光景ですが、それを思春期という難しい年頃に平然とこなしていたチエコは否が応でも他者の印象に残りやすい女性でした。

しかしそれと同時に、「美人だけど、そのクールな雰囲気に尻ごみして話しかけづらい」と感じていた生徒もまた多かったようです。


僕もチエコに関しては「綺麗でカッコいい女子」という認識はありました。

とはいえ特別親しげに言葉を交わす仲でもなかったため、親密さの度合いを言葉で表すならば「クラスメートのひとり」に過ぎなかったのです。


そんなチエコと僕が接点を持ったのは、放課後のある出来事がキッカケでした。



にほんブログ村 恋愛ブログへ
にほんブログ村
ポチっとひと押しお願いします







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 過去の恋愛
ジャンル : 恋愛

tag : 恋愛 過去 チエコ

コメントの投稿

Secret

プロフィール

シジュウ

Author:シジュウ
とある女性に密かな思いを寄せる40代の男です。

手を出してはいけない女性への気持ち、女を惚れさせるだけの魅力が自分にあるか、そして本当にカッコイイ男とは何かを自問自答しながらこのブログを綴っていきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
タグクラウド

最新コメント
アクセスカウンター
楽天市場
アルバム
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
恋愛
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
片思い
35位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング
応援 ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト