ヒゲの脱毛ドキドキ体験談 その6 鼻下の脱毛の痛みはいかほど?

このお店では脱毛前には事前にシェービングをしてくるよう言われるのですが、自分ではしっかり剃ったつもりでもどこかしらに剃り残しがあるのが普通です。

その場合には担当エステティシャンが電動シェーバーで優しく丁寧に剃ってくれます。

自分では剃りづらい肩や脊中はもちろん、デリケートゾーンなど扱いが難しい個所も女性エステティシャンが処理をしてくれるそうです。

嬉しいような恥ずかしいような・・・(笑)



それはさておき、いよいよ鼻下の脱毛開始です。

ベッドの上に寝ている僕の鼻下部分を美魔女店長はウェットティッシュの様な物で丁寧に消毒します。

そして専用のジェル(?)を塗布し、そこに脱毛器具を当てるという流れです。

美魔女店長が言うには、まず口髭の左右の端をやって最後に一番痛い中央部という順番で進めるそうです。ドキドキ


鼻下脱毛



美魔女店長は脱毛器具のヘッド部分を僕の口髭右端部分にそっと押し当てました。

美魔 「では行きます。せーの、ハイっ」

店長の妙に色っぽい合図の後に、バチッという鋭い衝撃が一瞬走りました。

美魔 「どうですか? もし痛みが大きいようであればパワーを一番下まで下げますが」

痛いと言えば痛いのですが、のたうち回るほどの激痛というほどではありません。せいぜい輪ゴムでやや強めに弾かれたくらいの痛みでしょうか。

充分に我慢できるレベルです。

その旨を店長に伝えると、

美魔 「分かりました。ではどんどん行きましょう」

と、妖艶な笑みと共に勇ましげな答えが返ってきました。

僕も心の中で、たかだか数分間の苦痛だ我慢我慢と自分に言い聞かせ、店長に全てを任せて身を横たえ続けたのでした。




美魔 「お疲れさまでした、終了です」

アイスノンの様な物を僕の鼻下に押し当てながら、店長が施術の終わりを告げました。

今回は鼻下部分だけだったのであっという間に終わりました。
サイトでは所要時間の目安は20分ほどと書かれていましたが、そこまでかからなかったと思います。


初めての脱毛ということでお試し感覚で挑戦してみたのですが、この程度の痛みなら他の個所の脱毛の際にも十分耐えられるという事を確信しました。

もっとも鼻下中央部は両端部分に比べて痛みがややキツかったのですが、歯医者のキュイーンのようなじわじわ冷や汗をかくような痛みではなく、所詮は一瞬の苦痛にすぎません。

まあそれだけでも収穫としては十分ですね。



脱毛器具はヒゲの黒い色に反応するため、ヒゲが濃いうちは痛みの感じ方が大きいそうです。
なので最初の内は出力レベルは低い状態で処置し、ヒゲが薄くなってきたら徐々に上のレベルに上げていくらしいです。

脱毛効果が出てヒゲが薄くなれば、それだけ脱毛器具が反応する黒い色の部分も減り、それとともに痛みも緩和されるとの事です。

早い話が脱毛は長期戦ってことですね。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分磨きへ
にほんブログ村
ポチっとひと押ししたら脱毛しようぜ!







関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美容・健康・アンチエイジング
ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : モテる 美容 体験談

コメントの投稿

Secret

プロフィール

シジュウ

Author:シジュウ
とある女性に密かな思いを寄せる40代の男です。

手を出してはいけない女性への気持ち、女を惚れさせるだけの魅力が自分にあるか、そして本当にカッコイイ男とは何かを自問自答しながらこのブログを綴っていきたいと思います。

最新記事
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ
タグクラウド

最新コメント
アクセスカウンター
楽天市場
アルバム
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
恋愛
234位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
片思い
35位
アクセスランキングを見る>>
FC2ブログランキング
応援 ポチっとお願いします

FC2Blog Ranking

にほんブログ村
モッピー
モッピー!お金がたまるポイントサイト